ギフトをする時折、避けた方がよい売り物があります。
間違えて不能のギフトをしないように気を付けましょう。
●どういうギフトの時でも不能なもの●
1.肌着
2.くし
3.ハンカチ
4.お茶
5.腕時計
6.万年筆
7.積荷
8.靴下やスリッパなどの履物
9.マット
●創立祝いでは殊更不能なもの●
1.火を予測させる灰皿や作者・赤い花など
2.ストーンやお札などの宗教的雑貨
これらは、『縁起が小さい』『不吉』という昔から言われているものです。
肌着は、”下に身につける雑貨”。くしは”く=苦。し=死”を意味する雑貨として贈ってはいけないものです。
ハンカチに関しても、漢字でかくって”手巾(てぎれ)となるため、”手切れやコネクション切れ”に繋がってしまうために避けた方が良いものとなります。
お茶に関しては、よく弔辞で香典返しとして生きる事が多い為に、最も高齢の人間の場合には気にする方もいます。
そうして、目上の方にひどいギフトとしては、腕時計・積荷・万年筆。
これは”から勤勉に”についてを用いる為に避けた方が良い賜物だ。
けど、置時計の場合には贈っても大丈夫です。
靴下やスリッパ・マットなど、”踏み付ける”に関してに繋がるものも避けた方が良いものですが、開業した客のビジネスによっては必要な場合があるので、そうした場合には、客の感情によって判断すると良いでしょう。
そうして、ギフトには縁起物を差しあげる事は喜ばれますが、気をつけたいのがストーンであったり、お札などの宗教的雑貨。
また火を連想させて仕舞う感じも贈らないように気を付けましょう。

一味異なる創立祝の特典として、鏡開きは如何でしょうか。
一つ注意しておくのは、相手側がもはや用意している場合もあるので、確認がポイント。
もしも用意していなければ、大事な創立という賛美に、祈願到達のセレモニーです鏡開きを贈ってみてはいかがでしょうか。
可愛い場内も遊べる耳よりもありますよ。
●鏡開きの目論見●
清酒の樽のふたを叩いて割り、その清酒を行ない酒としてみんなで呑むセレモニーのことを鏡開きともいいます。
(因みに、元日に鏡餅を割ってお雑煮などにして採り入れるセレモニーも、1年間の無病息災を祈って受け取る鏡開きといいます。)
創立祝いでは、こういう樽(=鏡)を割る=解く事によって、今後のこれからの運勢を開いていただけるについてが秘められています。
元々の出所は武士の時、戦の開始の時に自分に従う兵たちの元気を高めていこうといった、応対酒として酒樽を割った事が入口って云われています。
今では、色々な賛美の場所で歓喜をみんなで分け合う為に行われていますね。燃える事柄ダヨ。
●耳より鏡開き条件●
お酒・樽・ひしゃくって条件になった雑貨だ。
客席で気軽にできるので、如何なる事も行う事ができるという事で人気があります。
●はじめ升樽の条件●
こちらは少人数でも、清酒を余さずに行う事ができる鏡開きだ。
●菰樽●
大数で盛大に行いたい場合には、菰樽がおススメ。
呼び名を入れてくれるヘルプも中にはあるので、会合の大事な1立場となることでしょう。参照サイト